スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結局接戦に・・・ 

東京ドームに生観戦。


由伸キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
いきなり先頭打者ホームラン。
開幕戦以来の第2号。ライトスタンド最上段立見席のファンにホームランボールをプレゼント!!
初回からいきなり球場内はヒートアップですよ。
二岡のタイムリー二塁打、慎之助の犠牲フライで初回3点先制。

先発内海にはこれ以上ない援護点です。
コントロールがばらついていた感じで、連続四球や先頭打者への四球や死球。
完投ペースかと思ったのですが8回にラミちゃんにホームランを浴びて続くリグスにもセンター前にクリーンヒット。ここで交代。120球を投げていてはしょうがないですね。
何とか踏ん張って完投してもらいたかったけど、でもやっぱり内海は大きく成長しましたね。

ジャイアンツ打線は序盤に得点を挙げて守り抜いていくパターンが多いです。
中盤、後半に中押し、ダメ押しを取れればもっと楽な展開になるのに。
この現象はやっぱり今のジャイアンツの好球必打、ファーストストライクを積極的に打ていっているのが原因なのでしょう。相手投手が組み立てを変えてきてからはなかなか打てなくなる。
打ち取られるときのバッティングの形が中途半端なスイングだったり、まともにバッティングをさせてもらえない打撃が多いです。

中盤以降は緊迫した試合展開が多いから若い投手をテスト登板する機会がない。
接戦を勝ち抜くのもチーム力が上がる要因の一つですが、長いシーズン控えの投手陣の強化を図るのも大切だと思います。「新星」の登場に期待します。

ところで、今日の試合では8番センターに矢野謙次がスタメンで登場。
今シーズンの初ヒットを4回の裏、第2打席で三遊間を鋭く破るヒットを打ちました。
矢野もやっと今日で開幕です。
なんか自分のことのように嬉しいです。

球場生観戦も連敗は5でストップ。ヽ(´ー`)ノ
勝利の後の「闘魂込めて」の大合唱はやっぱりいいね。ヽ(´ー`)ノ


---------------------------------------------------------

巨人4-2ヤクルト

勝利投手:[ 巨人 ] 内海(3勝0敗0S)
敗戦投手:[ ヤクルト ] 石井一(1勝1敗0S)
セーブ:[ 巨人 ] 林(0勝0敗2S)
本塁打:[ ヤクルト ] ラミレス 2号 8回ソロ
     [ 巨人 ] 高橋由 3号 1回ソロ


[ ヤクルト ] 石井一、花田、松井 - 福川
[ 巨人 ] 内海、会田、林 - 阿部

スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/04/13 23:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。