スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

4タテ成功 

昨日に引き続き、物凄い投手戦を繰り広げてくれました。
今日も両チームの自慢の左腕が先発。お互い1点は失ったものの両投手気迫溢れるピッチング。
特にソフトバンクの和田はピンチで2度も小笠原を敬遠して「四番・スンちゃん」との勝負を選びます。いずれも、えげつないくらいのインサイド攻めで抑えた姿は「負けられない」という気持ちがものすごく伝わるピッチングでした。
まぁ、こんな風に和田のピッチングに感心するのも今日の試合を勝利したのが大きな理由ですが、もし負けていたら今日のスンちゃんは大問題ですよ。
「スンちゃん!このままでいいのか!?」
四番としてのプライドを今日はズタズタにされた試合でした。


さて、今日の大ピンチは8回裏にやってきました。2番手の林が2連打と敬遠の四球で無死満塁。5番大村を三振に打ち取って、豊田にスイッチ。
そして、Sバンクが代打に送ったのが怪我でスタメンを外れていた「四番・松中」が登場。正に真打登場です。
あの時の豊田の心境はどうだったんでしょうね。
僕は正直チビリそうでしたよ。
松中をインサイドの厳しいボールで空振りの三振に打ち取った時は「ヨッシャー!」。そして続く芝原も伝家の宝刀フォークで空振り三振に打ち取ると自分がしばらく呼吸していなかった事に気がついて大きなため息C=(-。-)フゥーそしてジワーっと涙が溢れてきました。(ノ_-、)グスン
「良くぞここまで這い上がってきてくれた豊さん。」
尾花コーチの喜び方もハンパじゃなかったですね。

ジャイアンツファンの皆さんどうです?豊田は。まだダメですか?

9回、代打・大道さんの職人的右打ちが右中間のツーベース。一塁を回る大道さんの姿は社内運動会で走る課長のソレでした。思わず吹き出してしまいました。( ´,_ゝ`)プッ しかしながら、初球から良く打ったね。このヒットで勝利へきくが開けました。ヨシノブが代走タカヒロを3塁に進めて、ヨシトモの超ジャストミートのレフトオーバーツーベース。
そして最後はスッキリした上原が簡単に三者凡退。

今日の勝利は白星が付かなかったものの力投した内海に報いる勝利だったと思います。
逆にSバンクは連夜の左腕のエースを見殺しにしてしまったいたい敗戦。


ソフトバンクに全勝。ソフトバンクにとっては全焼。コレで交流戦の負け越しは消えた。これからはいくつ貯金できるかの戦い。今後もがんばって中日を引き離していきましょう。


今日はテレ朝で放送がありました。僕はメインはスカパーで観ていたので特に不快感はあまりありませんでしたが、解説がいつものように仙ちゃん、ゲストに中居くんが来てましたね。
相変わらずの五輪トークをしていましたが、コレって結局番宣なんだよね。
ほんとウザイんですけど・・・。
「こんな場面、五輪予選ならどんな采配をしますか?」
おい!今、目の前のゲームの解説しろや!
前もって言っとくが、僕は五輪には興味はない。今はペナントレースに興味があるんだ。
最後、中継ゲーム途中で終わるとき中居くんが公共の電波に乗せて暴言吐きまくりでした。
これ、放送終わるんですか?」(゚⊿゚)
ぶっちゃけ、最悪ですよこれは。」(゚⊿゚)

ぜっったいやるべきですよ、なんとかしてでも」(゚⊿゚)
中居くん・・・b( `∀゜)グッジョブ

------------------------------------------------------
ソフトバンク1-2巨人

勝:[ 巨人 ] 豊田(1勝2敗4S)
セーブ:[ ソフトバンク ] ニコースキー(0勝1敗0S)
負:[ 巨人 ] 上原(0勝1敗10S)

[ 巨人 ] 内海、林、豊田、上原 - 阿部
[ ソフトバンク ] 和田、ニコースキー、水田、篠原 - 田上、山崎

人気blogランキングへ

スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/06/17 23:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

決断 

15日の移動日、いつもの通り先発ローテーション投手と主力野手を除く選手達の練習がヤフードームでありました。そこにはいるはずのない選手が2名練習に参加していました。
その一人が「二岡智宏」どん底の不振にあえいでいる二岡さんは原監督の誘いもあり、休日返上の打撃練習。原監督の付きっ切りの打撃指導。「二岡にはなんとしてでも五番を守ってもらいたい。」この原監督の二岡に対する熱き想い。何とかその想いに応えて欲しいです。長いスランプのトンネルはいつになったら抜けられるのか・・・。

そしてもう一人は「抑え・上原」。
今年は足の怪我から出遅れて、無理の出来ない足の状態からチームの不安材料でもある「抑え」を任されていますが、上原自身この「抑え」というポジションに深く悩んでいたようです。
実際は、上原が「抑え」に回ってからは、チームの状態も非常に良く、上手く回っている感じはします。首脳陣も野手もそして何よりもジャイアンツファンが一版安心しているんじゃないでしょうか。
そんな周囲の状況に反して、上原当人は「抑え」に対して色々悩んでいたのも事実。
毎試合肩を作らなきゃいけない。
短いイニングの慣れ。
プレッシャー。
その他にもコレだけの投手ともなると投手としての美学、投手としてのプライド、などなど並みの投手よりも高度な「投手持論」をもっているハズ。それはやっぱり、「先発へのこだわり」が上原自身を悩ませていた原因だったハズ。
その悩み続けた上原の大決断。(Kouji19..netより)

「今季、抑え専念」
上原自身も断腸の思いでの決断だったのでしょう。
これで上原自身も気持ちの整理がついて今まで以上に安定した気持ちでマウンドに上がれるでしょう。
コレまで僕は「抑え・上原」について多くを語った事はなかったのですが、ぶっちゃけて言うならば僕は「抑え・上原」は反対派です。
プロ入り9年目の今年32歳の上原。8年で積み重ねた勝利数は102勝。
野球人として正直、折り返し地点を迎えたと言っていいでしょう。正に円熟期入ったと思います。
上原は間違いなく将来、「緑のブレザー」を着る事のできる投手だと思います。
だからこの先残された野球人生「勝ち星」にこだわってマウンドに上がってもらいたいのです。そして近代野球ではなかなか難しくなった「200勝」を挙げてもらいたいのです。確かに、現在のジャイアンツのチーム事情、投手事情を考えると「抑え・上原」はスキル・経験からしても適任、適役かもしれません、実際チームも上手く機能しています。でも上原くらいの投手ともなるとチーム事情をド返しにして大事に扱う選手がいてもいいと思っています。もちろんシーズン終盤になってのここぞという時の場面で起用するのは良いと思いますが、一流選手にはその選手が望む一流の舞台で戦ってもらいたいのです。
特に上原には綺麗なマウンドから最後まで投げてもらいたいのです。
「先発・上原」がやっぱり見たい。


とは言うものの、コレは上原自身が自分で決めたことなので、尊重してあげたい。
そしてこの決断は上原自身も今年こそ勝ちたい、優勝したいという表れの決断だったと言えるでしょう。
この上原の心意気に敬意を表し、今年こそ絶対優勝しようじゃないか!

人気blogランキングへ

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/06/17 22:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。