スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

だから、巨人。 

エースの乱調でいきなり4点のビハインドを背負ってしまった我がジャイアンツ。
天下分け目の雌雄を決する大一番。
一戦目と同じように、中日の1、2番によってGのエースは一気に自分を見失う。
負けられない一戦でのあまりにも重すぎる4点ビハインド。


結果的に今日のゲームのポイントは3回名手・荒木のエラーだったのかもしれませんね。
ヨシトモのお手本のような流し打ちで2点。
4回に脇谷のタイムリーで1点。
そして、5回・スンちゃんがあれほど苦手だったインコースのストレートを弾き返した打球はジャイアンツファンで埋め尽くすライトスタンドへ。
エースの悔しいピッチングを帳消しにしたのはやはり四番でした。
打った瞬間のスンちゃんのアクションは今日のゲームの大事さを裏付ける雄たけびとガッツポーズでした。巨人の四番の重みをズッシリと感じた一撃でした。
ジャイアンツファンの誰もが愛する助っ人外国人。クロマティ以来の愛すべき外国人助っ人はこの大一番で四番の重責を見事に果たしました。
振り出しに戻った運命の一戦はスンちゃんのホームランで完全にジャイアンツペース。


3回から毎回続くライトスタンドを中心としたジャイアンツファンのバタフライ。打席に立つG戦士達のバットに魂を吹き込みます。
「共に闘っている感」満点の球場の雰囲気はさらに次の回の6回にもドラマを生みます。慎之助のヒット、清水がランナーを進めるバッティングで1死3塁で脇谷。いつかの記事でも書いたように最近の脇谷のバッティングは個人的にもの凄く成長を感じるバッティングをしていると思っていました。コンパクトに振るバットからはセンター返しのミート中心のバッティング。今日もこれまで2安打のこの小さな巨人はドデカイ仕事をやってのけました。カウント2-3からのストレートを弾き返した打球は低い弾道でライトスタンドへ一直線。
東京ドームの屋根を突き破らんばかりの目いっぱい天に突き上げた右腕はジャイアンツファンののそのときの姿と全く同じでした。
「君のバットは100万ボルト」
きっと、ジャイアンツファンの全ての人たちがこの脇谷の一撃に感電したことでしょう。
今日もB指定席(オレンジシートそば)で観戦していた僕は手を伸ばせば届きそうなその一撃に歓喜し、周囲の人たちとハイタッチ、抱き合い、喜びの雄たけびを上げました。
さぁ!勝ち越したぞ。見えてきたぞ。


4回から登板した野間口はヒットを許すものの無四球のピッチング。この男は前回、前々回の白星で自信がついたのだろうか?マウンド上で躍動感を感じます。多少、甘くても打てるもんなら打ってみろ!的な投球。真っ直ぐで押しまくる投球に迫力と頼もしさが見て取れました。

8回表からは守護神・上原。
豊田不在の今、豊田の穴は上原1人で埋めます。
連打は食らうもののしっかり0点で抑える上原。ホント頭が下がる。

ここまで2点差。間違いなく、まだわずかな不安があったジャイアンツファン。
その不安を払拭するかのように、粘って四球を選ぶ脇谷。
古城倒れて、そして選手会長。粘りに粘った10球目。
外寄りの変化球を竜党で埋まるレフトスタンドへ35号2ラン。
かつて、あの天才・長嶋茂雄に「天才」と言わしめたヨシノブのバットは昨日に続いてのダメ押し2ラン。これでホームランキングにも並びました。
開幕でGナイン、G党に勇気を与え、この終盤にきても更なる力強い一発を放つ「天才」。ヨシノブが明らかに今のジャイアンツの看板を背負っている選手であることは間違いない。


9回はウッズが打った打球がエキサイトシートへ。お客さんがその打球を取っちゃったもんだからさぁ大変。ヨシノブが捕球出来そうなところまで来ていたのに・・・。
ライトスタンドからは罵声の嵐。打球を取っちゃったお客さんは中坊風の糞餓鬼。
フィールド内にまで手を伸ばして獲っちゃダメよ。まぁ、スタンドにいるお客さんもファールボールやサインボールにガッツク気持ちと同じだからありゃ仕方がないでしょうね。
まぁ、皆さんもそんなにアツくならないで・・・。僕もアツくなりましたが・・・。何せ、目の前で見ていたのですから・・・。
そんなことよりも、マウンド上の上原は涼しい顔で最強打者・ウッズを伝家の宝刀フォークで三振に打ち取ります。結果的にこの結果のほうがステキだったじゃないですか。
今日は、この大一番で天敵・ウッズに真っ向勝負を挑んだジャイアンツバッテリー。この気持ちの強さも勝利につながった要因でしょうね。

さぁ!運命の一戦を獲りました。
ついにここまで来ましたよ。
まだ、中日の勝敗如何では安心は出来ませんが、極限まで中日を追い込んだのは確かでしょう。さらに運命のゲームは続きます。
10月2日、ジャイアンツを一度はがけっぷちに追い込んだ猛虎を3タテしたヤクルト。10月3日最終戦は同じく猛虎を3タテした横浜。プロの意地でぶつかってくるこの2球団に対しても今日のような全員野球で立ち向かって欲しいもんです。

あと2試合みんなで闘おうぜ!!

大一番を制したジャイアンツナイン。お疲れ様。そして、ありがとう。


今日はナント!4人もヒーロー。
アフターゲームツアーの方は喜んだでしょうね。でも8回表までに集合しないといけないのでこの時期白熱したゲームはゲームを最後まで見れないのも微妙ですよね~。(控え室でTV観戦)


ピントもバッチリの「今日のジャビットⅤ(〃 ̄ー ̄〃) Ⅴ」
これほど嬉しい「今日のジャビットⅤ(〃 ̄ー ̄〃) Ⅴ」はなかったです。


「原の舞」まであとあと少し。信じて応援するのみ。
がんばれ!ジャイアンツ!


こんなゲームをする巨人が大好きだ。
だから、巨人。
-----------------------------------------
巨人8-4中日

勝:[ 巨人 ] 野間口(3勝0敗0S)
セーブ:[ 巨人 ] 上原(4勝3敗32S)
負:[ 中日 ] 朝倉(12勝7敗0S)
本:[ 中日 ] 森野 16号 1回3ラン
  [ 巨人 ] 李 29号 5回ソロ、脇谷 1号 6回2ラン、高橋由 35号 8回2ラン

[ 中日 ] 朝倉、石井、鈴木、高橋 - 谷繁

[ 巨人 ] 高橋尚、野間口、上原 - 阿部

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/09/26 23:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

愛は竜をも砕く! 

エースの失敗は四番が清算。
若き右腕がゲームを再整、同じく若き2年目がゲームをひっくり返す。

今や瀕死の虎に替わって狼(ウルフ)が竜にトドメを刺す。

さぁ!舞台は整った。
あと2勝。
タツノリよ!宙に舞うがいい!

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/09/26 22:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。