スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

またですか・・・。 

うぅ・・・。宮崎行きたい・・・。

昨日の中日の優勝には心より「おめでとう」を言いたい。その反面、世間では「世紀の交代劇」とか「非情の継投」とか言って山井の完全試合を諦めたオレ竜采配の是非を問う番組が多いですね。どうやら山井が指にマメが出来てそれがつぶれたらしく自ら交代を申し出たという話もあるとかないとか・・・。
一生に一回見られるかどうかの日本一を決める試合での完全試合、確かに見たかったのは正直なところ。ノムさんも言ってましたが「あそこで継投をするのは落合監督だけ。」と言い切っていました。
それにしてもちょっと騒ぎすぎじゃありませんか?
「やくみ●る」の能書きもウザイし。w
個人的にはそれほど残念なことでもなく大した問題ではないと思いますがね。落合監督が当初から言っていた「うちらしい戦いを全うした」で片付けられるように思えます。球界No.1の守護神が後ろに控えているし最後は1年間頑張ってきたその守護神に胴上げ投手をという気持ちもあったでしょうしね。結局、落合監督は誰にもマネを出来ない見事な野球・見事な采配をやったわけですよね。
ただ、人気低迷の野球界を盛り上げるとかの観点からすると「完全試合」という話題はとてもインパクトのあるものだったでしょうね。ましてや、玄人好みの野球スタイルをする中日にとっては野球から離れたファンをもう一度振り向かせることが少しは出来たかもしれないパフォーマンスだったかもね。
まぁ、中日も半世紀以上「日本一」から遠ざかっていたわけだし是が非でも欲しかった栄冠だろうし昨日の采配は当然の「うちらしさ」だったのでしょう。でもあれが川上だったらどうだったんでしょうね?
今季からセ・リーグもクライマックスシリーズを導入して人気回復を図る一方、近年の野球は「勝つ野球」にばかり固執し過ぎてしまっているようにも思えるのも一理ある。石橋を割れんばかりに叩いて渡る戦略が常となっている昨今野球界、もちろんプロなので「勝つ」ことが前提にあるのですが、最近は豪快さや荒っぽさ(良い意味で)、強引さが薄れているようにも思えます。
魅せる野球・楽しませる野球といったファンを意識した野球というのももう少しバランス的にあっても良いのかもしれない。まぁ、今の野球でも僕は十分に楽しめるんだけど。
日ハムの新庄とかはその点、とても貢献度の高い選手だったと思うし、あのパフォーマンスを容認した球団にも拍手を送りたい気分です。(ちょっと意味合いが違うかもしれないけどね)

話はちょっとズレるけど、僕は完全試合より祝勝会で信子夫人の姿が見れなかった方が残念ですよ。|||-_||| サダコ


マタキタ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`)━━━!!!
三木と三浦が自由契約対象だそうです。。・゚・(ノД`)ヽ(;Д; )キミモカヨ
まだまだ続くシーズンオフの冷たい秋風。
昨年三浦が3アウトチェンジの時にベンチ上に投げ込んだボールをビールの紙コップで見事にキャッチをして周囲のお客さんから暖かい拍手を頂いたのが良い思い出です。ヽ(´ー`)ノ
育成選手としての再契約を検討ということですが・・・。
この二人はチャンスさえ与えればイケそうな気がするんですが・・・。
プロの世界の厳しさを痛感させられる今日この頃。


(三木くんこんな写真しかなくてゴメンナサイ)

なんか、ヨシトモが来季もジャイアンツでプレーすることが正式に決まったり、マッキーがキャンプ第2クールから臨時コーチとして招へいになったりとワクワクする様な嬉しいニュースがあったりする中でのこの寂しいニュース。なんともやりきれない・・・。

【今日の一枚】
スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/11/02 22:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。