スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっぱりね。 


最近のアイコラの進歩に驚いたのが最初の感想。
1年契約の3億5000万の数字を見てこんなもんなら横浜に残ってやれよ。というのが次の感想。
予期していたこととは言え、これまで健太郎や林のクローザー挑戦の記事を書いてみたりして個人的にはかなり胸躍らせ自慰行為的に自己満足させていたのですが。やっぱり、こうなるんだよね。
そしてホームランメールで正式に契約&入団が決定した知らせがきました。

まぁ、この補強は当然といったら当然かも知れないけどね。事実、上原が来季は先発に戻ることは規定路線(?)であるわけで、「抑え」が不在のジャイアンツはその「抑え」を既存の選手ないし、補強で準備しないといけない状況だからね・・・。
はぁ、「お下がり外国人」のクローザーですか・・・。クルーンを別に否定しているわけではないけどね。
「抑え」というポジションってとても大事なポジションだと思います。誰もがそう思っているはずです。チームの「勝利」を背負って投げなきゃいけないプレッシャーは想像を絶するものだと思います。だからこそ、最終回にマウンドに立つ投手にはファンは惜しみない声援を送ります。全幅の信頼と「ジャイアンツ愛」を注ぎ、または声にもならない祈りでマウンド上の投手を見守ります。そしてその声援にも後押しされて最終回のマウンドに立つ投手は見事に勝利という応えで返してくれます。それが見事に今季は「抑え・上原」という絶対的守護神、存在感にチームもファンも一体感が今まで以上に強くなったようにも思えます。
その後を継いでのクルーンの抑え。
果たして、今年のような最終回のマウンドに上がるまでの「クルーンコール」は東京ドームでは起こるのだろか?
正直、今の僕にはクルーンの結果がどう出ようと「ジャイアンツ愛」を注ぐことはちょっぴり自信がない。
とはいうものの、大事なポジション、チームの勝利を任せるポジション。やるからには絶対にがんばって欲しい。いい加減な投球や外国人特有のイライラ投法はカンベンね。胸に着ける「G」のマークの重みをしっかり噛み締めて投げてもらいたい。

一年契約のクルーン。中継ぎとして期待される各若手投手陣にはこのオフと来年一年間の成長の猶予が与えられたと思って何とかブレイクしてもらいたい。
でもクルーンの結果次第じゃ契約の更新もあるかもしれないなぁ・・・。

ホントに出来んのか!?
クルーン?


東京ドームを一部改修されるそうですね。ヽ(´ー`)ノ
①巨人軍選手用ロッカー室の拡張
②トレーニングルームの増設
③ミーティングルームの増設
④打撃練習場の新設

あの東京ドームにどれほどのスペースがあるのでしょう?

【今日の一枚】
スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/12/05 18:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。