スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

それでも、好き。 

まだ決定って訳じゃないけどね。
限りなく獲得しそうな雰囲気だし・・・。
まぁ、結果的に獲得しなかったとしても、少し今のジャイアンツに対する僕の心境を書いておこうと思います。





巨人 クルーンに続き…今度はラミ獲り
日本一奪回を目指す巨人が、ヤクルトを退団したアレックス・ラミレス外野手(33)を獲得することが6日、決定的となった。2年総額12億円が基本線とみられ、細部の詰めの作業を行っている。5日には横浜を退団したマーク・クルーン投手(34)の獲得を発表したばかり。守護神に続き、懸案事項だった右の大砲も手に入れようとしており、戦力補強は着々と進んでいる。

 前日5日には先発復帰の上原に代わる守護神・クルーンの獲得を発表。先月7日にはトライアウト直後にロッテを戦力外となった藤田の獲得を決めるなど、来季へ着々と投手力の基盤を固める巨人が、野手の補強を本格化させる。複数の球団関係者の話を総合すると、ラミレスとの交渉は既に大詰め。条件は2年総額12億円前後とみられ、さらに細部を詰めていく。

 日本一奪回に向け、巨人にとっては“最強のピース”といえる。球団関係者はかねて「右の大砲は補強ポイントの一つ」と話していた。今季は高橋由、小笠原、李スンヨプ、阿部が、プロ野球史上初となる左打者による“30発カルテット”を達成。その一方で、右打者でシーズンを通してレギュラーを務めたのは谷と二岡だけだった。5番を期待された1年目のゴンザレスは左手骨折もあり、わずか25試合出場で3本塁打。クライマックスシリーズ第2ステージ初戦で、中日の左腕・小笠原の“奇襲先発”に遭い、左偏重打線の弱点を露呈した。

 ラミレスが加われば、クリーンアップに座るのは確実。通算211本塁打を記録している日本での実績は言うまでもない。今季は打点王に加え、右打者としてプロ野球史上初の200安打超えを達成し、最多安打のタイトルも獲得した。パワーと確実性を兼ね備えたポイントゲッターで、左右のバランスがよくなると同時に、小笠原や李への相手投手のマークを軽減させることにもつながる。

 3年契約が切れたラミレスにヤクルト側は再契約へ、今季年俸3億円から1年契約の5億円を提示。しかし、複数年契約にこだわったラミレス側とは平行線をたどった。先月15日に独占交渉権が切れ、ヤクルト側は引き留めを断念。中日、ソフトバンク、オリックスなども興味を示していたが、2年総額12億円前後は年数、金額ともにヤクルトを上回り、ラミレス側との要望にも合致する。

 巨人は並行して中日からFA宣言した福留との交渉も継続しているが、まずはラミレス獲得に成功すれば、大幅な戦力アップとなる。天性の明るいキャラクターは人気面でも期待大。リーグ連覇、日本一奪回を狙う原巨人にまた一つ、死角がなくなる。
[ 2007年12月07日付 スポーツニッポン紙面記事 ]




これで、打ち止めか?いや、フクドメもか・・・?
もう言葉にならないジャイアンツのガッツキようはある意味では立派だと思います。控え選手や生え抜きの選手たちの「伸びシロ」を全く与えない、スタメン選手の補強スタンスにはいくら「育成強化」と球団自身が叫んでも全くもって説得力に欠けるチーム戦略だ。
このラミレス獲りが本当に達成されるのであれば間違いなく強力な打線が完成されますね。ジャイアンツファンの中にはドリームチームを希望する方々もいるのはわかっています。「超」が付く一流選手を獲得し1番から9番まで誰もが知っている選手を並べて人気、知名度を高めて揺ぎ無い日本プロ野球界のフラッグシップを維持すべく球団運営に勤しむ姿には球団フロント並びに首脳陣等には感服いたします。この読売球団のチーム強化のやり方をすべて否定するわけではないけど、買ってきた高級食材ばかりをファンは食べたいわけではないことを忘れないで欲しい。自家栽培したちょっと形の悪いニンジンや大根だって食べてみたいし、きっと美味しいはずだ。
時折、首脳陣たちは言う。「競争に勝って欲しい」「壁を乗り越えて欲しい」と。
普段は代打での出場とかで1試合に1打席程度のチャンスの選手たちに年間200本を超えるヒットを打つような選手にどう追いつき追い越せるものか?努力や修練が実るよりも現在のスタメン選手が老いて行き力のMAXポイントが低下する方を待ち望むしかないんではないか?
レギュラーになりきれない選手が沢山います。そんな選手たちはみんな、毎年来る日も来る日も実力の向上、レギュラー奪取のため汗を流し準備しています。
しかしながら、食べごろになる土から顔を除かせる直前に高級食材がそこに蓋をしてしまいます。

プロ野球の観戦の仕方の違いからでしょう。「補強大いに結構」と言う意見と「補強はほどほどにバランス良く」と言う意見、何度も言うようだけど前者の意見も間違いではないと思います。好きな球団の「勝つ姿」を観たい。一流選手たちの一流プレーをチームとしてみたい。これもひとつの野球の楽しみ方だと思います。
でも、僕は前述したように自家栽培した食材も食べたいです。日々一生懸命に自分の身体をイジメ強く逞しくなったその食材、ちょっと形が悪くたっておいしいと言えるファンでいたいです。
胸に「G」のマークをつけている選手は例外なくみんな好きです。現状の様なジャイアンツの球団運営が続くのであれば、今控えとして埋もれている選手たちを思い切って放出して欲しい。好きな選手だからこそ活躍する姿が見たい。ファンには申し訳ないが、謙ちゃんや清水なんかも他球団に放出して欲しい。そのほうがその選手にとってはきっとプラスになるのかもしれないし。
プロの世界は実力の世界であり、上手い者・強い者が勝ち残っていきます。でも現在のジャイアンツは勝ち残っているんではなく勝ち残りを約束された選手たち(それも実力と言えますが)がスタメンやマウンドに立つことの方が多くなっているように思います。本当の競争がチーム内で行われていないように思います。

補強についてはジャイアンツファンもあまり多くを語ろうとしません。というか、複雑な気分と言うのが適当なのかも。きっといろんなジレンマが心の中で交錯しているのだと思います。勝って欲しい、生え抜きにがんばって欲しい、一流選手が見たいとか色んな希望や感情が渦巻いて気持ちがまとまらないのと球団への愛情や選手首脳陣の尊重と言ったものがあるのだと思います。正直、僕もそういう気持ちでいっぱいです。ジャイアンツの勝利が見たい。生え抜きの選手の成長や活躍も見たい。一流と言われる選手が「G」のマークをつけてプレーする姿を見たい。
一言で言えばジャイアンツに対して「好きなんだけど今のままじゃ嫌だ」と言うのが僕の今のジャイアンツへのキモチ。ヘンな感情ですが・・・。

仮にラミちゃんや福留を獲得しなかったとしても今のジャイアンツは僕にとっては僕自身の野球観とはちょっと違うところにあるのは間違いないです。
でも、それでも「ジャイアンツが好き」と言えてしまう矛盾やジレンマが歯がゆくて・・・。

【今日の一枚】
スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/12/07 22:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(16)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。