スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

打倒讀賣 

過激なタイトルでスイマセン。
5時間ゲームを観戦し終わって空虚感だけが僕の全身を包み込みます。
友人を自宅まで送り、一人家路につく途中iPodのPLAYボタンを押します。
イヤホンから流れてくる曲ははオフコース「さよなら」。
ふとこの曲が聞きたくなりました。
「♪もう~、終わりだねぇ~。巨人が小さく見えるぅ~♪」

って、オイッ!

ドームに着くとちょうどジャビットたちのステージが始まったところでした。
昨日に引き続きグダグダかと思いきや多少改良が加えられていました。
デモなんか寂しさいっぱいのステージ。
ジャビットがキャンディーを配っている姿はもう「ギブ・ミー・チョコレート」状態でした。


つかの間の癒しの時間。


さぁ!ゲームの始まりです。(どっかで聞いたことが!?)
今日は野武士というより日雇い労○者を連想させてしまう風貌の阪神先発・下柳とジャイアンツはヒサノリ。
何もかもダメだったヒサノリ。
下柳も同じように乱調。初回の攻撃で瞬殺出来なかったのが敗因一つではないでしょうか?
昨日の記事を読んでくれたかのように原監督は謙ちゃんを2番スタメンで起用。
そして待望の本家四番・スンちゃんが低位置に返り咲き。
見事にこの二人が起用的中の活躍を初回の攻撃で見せてくれました。
今日も色々ありましたね。
ゲームを順に振り返るの面倒くさいので割愛します。


【オレタマ的ポイント:その①】
う~ん?4回までに3失点(7安打)されているヒサノリを4回の裏の攻撃に打席に送ったことに疑問を感じる・・・。反対に阪神は下柳をあっさり諦め、代打に狩野を送り見事にタイムリー。
これまでの中で最悪の出来だったヒサノリを諦め切れなかった継投の判断がものの見事に裏目に出ました。5回にワンアウトも取れずに連打を食らい降板するヒサノリ。


【オレタマ的ポイント:その②】
指揮官のベンチ入りの投手に対する信頼度の違いが大きな差に現れた試合じゃないでしょうか?
原監督の頭の中には先発要員と西村・豊田・上原という持ち駒しか脳裏にない。対する岡田監督はジェフ・ウィリアムスを欠いている状況の中「J」の穴埋めをする投手を複数の投手で賄う自身が伺える投手起用でした。
今日登板した、フクちゃんなんかはピンチの場面で良く投げたと思いますが、指揮官から見たら原原・ドキドキだったでしょう。2つ先勝している余裕もあったかもしれませんが、投手起用に余裕を感じる阪神に完全に分がありました。


【オレタマ的ポイント:その③】
シーツのサードゴロ。バットを折っての平凡な凡打は一塁に駆け込んだ瞬間に事件は起きました。シーツがスンちゃんの足を踏んじゃった。
「スンふんじゃった~♪」
踏んづけちゃったら原監督が引っかいた!?

何か指揮官として感情を出してアピールする場面と見たのでしょう。
あのプレーはいろんな見解があるでしょうが僕はうれしかったね。タツノリの「怒り」が見れただけで十分。個人的にあのプレーは何も感情は沸きませんでしたが、指揮官が一目散で直接シーツに感情をあらわにして抗議する姿は「絶対落とせないゲーム」を選手達に強く感じさせる行動だったと思います。
今後も指揮官は激しく感情をむき出しにすべきです。そういう時期なのです。
阪神のベンチも面食らっていた感じですね。「原さんなんでそんなに怒ってるの?」って。
とりあえずシーツはスンちゃんに謝っていたし、いいじゃん。その後、健太郎がリズム狂わせて2失点。
シーツは布団の下に敷いて寝てやりましょう。
桜庭のセコンドが大活躍でした。


【オレタマ的ポイント:その④】
上原の失敗。この3連戦で2度失敗。これまで何度となく助けられてきた。でもね、守護神といわれる所以はここぞで抑えるのが守護神なんだよね。
矢野とか藤原とかを相手に上から目線じゃありませんでしたか?オゴリはありませんでしたか?いつものように簡単にストライク取りに行っていませんでしたか?2イニング以上投げる為に力をセーブしていませんでしたか?
とにかく、3連戦で2度失敗はひいき目で見てはいけない上原の失敗。あっちゃならないことですよ。絶大な信頼感は揺るがないですが、やっぱり今日の上原の投球は今季最大のミスでしたね。

【オレタマ的ポイント:その④】
21時を過ぎてからは圧倒的に数的不利。続々と家路を急ぐ一塁側&ライトスタンド。
上原が2点を奪われてさらに岐路に着くジャイアンツファン。歯止めがかかりません。
22時からは鳴り物禁止。数的不利の中、致命的な東京ドームルール。
悲しい現実を横目に意地の1点をもぎ取る10回のジャイアンツ打線。
客席でも勝負アリ。
執念の差は選手だけでなくファンの中にもありました。


そんなこんなで、本拠地で気持ちよく阪神(半身)浴と思ったら全身丸焦げにされた三日間。
3位転落。自力V消滅のオマケ付き。
3戦いずれも好ゲームでしたよ確かに。伝統の一戦にふさわしいゲームでしたよ。
でも、点差以上に両チームの実力の差が出たゲームのように思えます。
「個の力」では圧倒的に阪神を上回っていると思います。ですが、「チーム力」そしてチームを支えるファンの「アツい視線」で完敗です。
阪神ファンの応援する姿にはある意味感動しました。
「打倒讀賣」を掲げ、一心不乱に阪神の選手を応援する。そして、応援そのものを心の底から楽しんでいる。「巨人だけには勝ちたい」という気持ちは他球団のファンにもあるかもしれないけど阪神ファンは別格。この3連戦敵地での阪神ファンの姿を見て非常に感動し、勉強し、いつかは俺達もって気持ちにもなりました。



二岡さんの「二岡ホームラン」ステキ過ぎぃ~っ!
TOP画像を変えた途端にコレだもんねぇ~。


まだまだよ!
まだ終わったわけじゃないんだから!
この3連戦、ジャイアンツの「勝ちたい」という意識はビンビン伝わってきましたから。
残り試合全部勝とうぜ!

※記事を書きながら途中、爆睡してしまい更新が遅れたことをお詫びします。
-----------------------------------------------------
巨人8-9阪神

勝:[ 阪神 ] 久保田(7勝3敗0S)
セーブ:[ 阪神 ] 藤川(5勝2敗40S)
負:[ 巨人 ] 上原(4勝3敗27S)
本:[ 阪神 ] 浜中 4号 3回ソロ
  [ 巨人 ] 二岡 19号 7回2ラン

[ 阪神 ] 下柳、ダーウィン、渡辺、江草、橋本健、久保田、藤川 - 矢野
[ 巨人 ] 高橋尚、福田、西村、豊田、上原 - 阿部

人気blogランキングへ

スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/09/09 23:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

コメント2回目の章峰です。
この阪神3連戦はいずれもおしいしあいでしたね。
3ゲームすべて一点差
一点差だけにくやしいですね。
あと気づいた点なんですが
三日連続しての23:55に更新てのはなぜですか?
まさかこだわっててるとか?
まさかねぇ~(笑)
[ 2007/09/10 17:39 ] [ 編集 ]

>章峰さん
こんにちは。
まさに痛恨の3連敗です。1点差のゲームとは言え点差以上のチーム力の差が露呈された3連戦だったと思います。でも、ジャイアンツの「勝ちたい」という意地が前面に出ていたどれも好ゲームの連続でした。

更新時間ですが、いつも生観戦の日は午前0時を過ぎてしまいます。特別な事情がない限り毎日更新することをを心掛けているので、更新時間を自分で設定してUPしています。
特に時間のこだわりはありません。(笑)
[ 2007/09/10 20:33 ] [ 編集 ]

終戦…なのかな(:_;)優勝ラインを見て愕然としちゃいました。ゲーム差以上の厳しさですね(ーー;)ところで巨人ファンが減ってるってよく目にしますよね!?普通になんでなんでしょう?そんな簡単にファン辞めれないっすよねぇ?度重なる補強やふがいない試合で愛想尽きたと思っても翌日にはおもいっきり応援してる自分がいる(ーー;)みんなこうではないんですかね。。
[ 2007/09/10 22:38 ] [ 編集 ]

>周さん
現実的に厳しい状況になってしまったのは事実です。
でも諦めずに応援していきましょう。
巨人ファンの減少についてはシーズンがすべて終了してから書こうと思っています。
周さんが言う通りに度重なる補強やふがいない試合で愛想尽きたというのは一言で言ってしまえばその通りだと思います。あとは日本人の性質・性格も多分に影響していると思いますね。
この話題はシーズンオフにしましょう。
[ 2007/09/10 23:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orange7soul.blog98.fc2.com/tb.php/159-908cac07






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。