スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラマチックセントラル 

野球はやっぱり四番が鍵を握るんだね。
不思議と回ってくるチャンス。
昨日から続く連続三振は第3打席のセカンドゴロで途切れたけど、目を覆いたくなるような打席での姿に半ば呆れていました。


今日のゲームはまさに東京ドームの1塁側最上段に書かれているキャッチコピーをそのまま演じてくれた感じでした。
ハマの番長は全てのボールにキレと制球が抜群でジャイアンツ打線に付け入る隙を与えませんでした。そして横浜守備陣も随所に素晴らしいプレーで三浦を盛り立てます。
対するジャイアンツ久保も6回まで横浜打線をわずか3安打に抑える快投ぶり。気合ノリノリの久保は7回に落とし穴がありました。横浜の若き大砲に一発を浴びます。もの凄い当たりのホームランでした。ジャイアンツファンもぐぅの根も出ないほどの目の覚めるような一発で0-0の均衡が破れます。そして悲劇はまだ続きます、7番・内川にも一発を食らいます。
あぅ・・・。今日の三浦を相手に重すぎる横浜打線の連弾。
0ー2の2点ビハインド。8回に指揮官・原辰徳はついにタクトを振ります。代打・キムタクがレフト前ヒットで出塁。そしてキムタクに変えて代走・古城。続くヨシノブ。これまで全くタイミングが合っていなかったヨシノブが左中間を真っ二つに割ります。のちに冷静になって考えるとこのヨシノブの2ベースは何者にも比較しがたい大きなヒットでした。「ヨシノブたる所以」を感じるヒットでした。
無死・1,2塁でヨシトモ。追っ付けて打った打球はまた右中間へ。抜けることを確信した古城・ヨシノブはスタート。しかし、7回にダメ押しとも思えるホームランを打った内川がダイビングキャッチ。
スタートを切っていたランナーはタッチアップすら出来ない結果に。(抜けてからの走塁でも良かったのに・・・。)
大矢監督と相川が何やら相談。
当然だわね。小笠原敬遠。スンちゃん勝負。今日も2三振と凡打で3-0のスンちゃん。アジアの大砲は弾薬切れの状態。3番を歩かせて4番勝負を選択した横浜ベンチはスンちゃんの状態があれでは当然の選択でしょうね。
ヨシトモの打球を好捕されてからはジャイアンツファンの悲痛な叫びのバタフライが続きます。

しかし、アジアの大砲の弾薬はまだ残っていました。3球目のフォーク(?)をやや泳ぎ気味でしたが右中間に弾き返します。今度はさすがの内川も及びません。走者一掃。しかも3塁打。
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

(ピンボケスイマセン)

スンちゃんゴメンネ。昨日あんなこと言ってゴメンネ。
スンちゃんの怒りの一撃は東京ドームの屋根をも破りそうな大歓声。感動したね。
正直、ジワッときましたよ。

三浦から木塚にスイッチ。木塚の投球練習中に「闘魂込めて」の大合唱。今季最高の大合唱だったと確信します。ドームにいたジャイアンツファンがみんなが同じ「今季の最高結末」を感じての大合唱だったと思います。
木塚の初球、二岡さんの腰付近にデッドボール。
うぎゃー!二岡さんが怒ったぁー!
僕もエキサイトしましたね~。あの二岡さんが怒ったんですよ。鳥肌立ちましたよ。全身すくみあがりましたよ。自分が起こられてるよな感じにもなりましたし・・・。
怖ぇ~!!!
この二岡さんの怒りは勝つことに集中している証明です。そして、ジャイアンツナイン全員の気持ちの表れだったと思います。
(追加画像)



ところで、あのスンちゃんのホーム突入の走塁はなんだったんでしょう?
ディレードスチールにしてはあの緊迫感のある場面でやるような作戦ではないと思うし。
なんか嫌な感じであの8回終わっちゃいました。
僕の推測ですが、あれはスクイズのサインが出ていたんじゃないんでしょうか?
牽制の上手いマットホワイトはあの時一塁牽制をしました。代走・タカヒロは余裕で一塁に戻りますが、なぜかスンちゃんが誘い出されてホーム突入。
ホントの所は解かりませんが・・・。

最終回は当然上原。最大級の上原コールでマウンドに送り出し、また最高級のあと1人コールで完璧に抑えてゲームセット。

やべぇ。ハマの番長の気迫溢れる投球を前にこんなゲーム誰が予想したでしょうか?
すげぇ。今のジャイアンツ。二岡さんの怒りにも表れていますが、気合が入りまくっていますよ。我々も負けずに気合入れて応援しないと置いてかれちゃうよ。
日に日に心拍数の上がる試合になってきます。
そして、今日スンちゃんがお立ち台で言ってましたが明日からが本番です。
明日からの中日3連戦が今季の戦いの全てです。集大成です。雌雄を決するときです。
ドームで観戦される方、各メディアで観戦される方、全ての「魂」を明日からの3連戦を戦うG戦士に注ぎましょう。


・・・だそうです。
でも、そんなの関係ねぇ~!そんなの関係ねぇ~!


浮かれてなんかいられねぇ~。
全部、勝つ!勝つ!勝~つ!


キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!
久々の今日のジャビットⅤ(〃 ̄ー ̄〃) Ⅴ

ビッキーのスカートもいつも通りめくれています。(*´д`*)ハァハァ
ジャビットはもしかしたらこのブログ読んでくれてるのかも・・・。

今日は「おやG」に駒田さんが来てくれました。
とても楽しいお話をしてくれました。
89年の日本シリーズの秘話等など・・・。ww
近鉄・加藤に言ったセリフは「バカヤロウ!」が正しいセリフだったようですよ。

何年か前に関西地区の番組で加藤哲と駒田を「仲直りさせるために居酒屋で二人で飲ませる」という番組があったそうですが知ってる人います?
ぜひ観てみたかった・・・。
駒田さんといえば、プロ初打席満塁ホームランという偉業を持つ元祖満塁男ですが、僕はこの満塁ホームランを打ったときにあのライトスタンドにいました。中学生のときですけど・・・。自分しか解かりませんけどあのホームランのVTRに僕が映ってるんですよね~。(プチ自慢)

------------------------------------
巨人3-2横浜

勝:[ 巨人 ] 吉武(2勝0敗0S)
セーブ:[ 巨人 ] 上原(4勝3敗30S)
負:[ 横浜 ] 三浦(11勝12敗0S)
本:[ 横浜 ] 吉村 20号 7回ソロ、内川 6号 7回ソロ

[ 横浜 ] 三浦、木塚、マットホワイト - 相川
[ 巨人 ] 久保、吉武、上原 - 阿部

人気blogランキングへ

スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/09/23 23:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

萌えました、燃えました

毎日、オレタマさんのブログに書き込みたかったけど、
3連勝したらにするんだ、と勝手にゲン担ぎをしてました。
今日、勝手に解禁です!

今日は相棒とドームへ行ったのですが、STAGE G-KINGで、
それぞれシングルヒット賞とG-KING賞を戴き、
こんなについてたら、3連勝逃さないかなと脳内迷走状態。

8回裏、祈るような気持ちで観てたスンちゃんの打席、
相川と金城の間に打球が落ちた途端、思わず号泣。
苦しかったスンちゃんの不振、自分まで悩んでたのかな「( ̄ー ̄;)

号泣止まずで、♪ビバ、ジャイアンツ~×3+万歳×3の間も
参加できずに一人泣き続け(相棒はアフターゲームツアーに向かってて不在)、
はっと気付くと同点と思ってたのが3点入ってる!?

そういえば、ガッツがもう塁上に居ない、スンヨプが3塁に居る!
また涙がにじんで、隣の老紳士に声をかけてもらう始末。びぇーん。

ヒロインでの上原の「CSはあくまでおまけ、優勝しかない!」というコメントにまた感動。
絶対ペナント奪回だ!と熱く思いました。
隣の老紳士とがっちり握手を交わしてお別れしました。

久々に、ジャビット達、Ⅴ字やってくれましたね。
この頃、ビッキーの水玉パンツ見ないと、ドームへ来た気がしなくなってきました。

これから地上波放送の録画観て、おさらいしまーす。
[ 2007/09/24 01:49 ] [ 編集 ]

最後のとこ横浜じゃなくて中日に勝っちゃってますよ(笑)
気がはやいっす
[ 2007/09/24 02:01 ] [ 編集 ]

>みそさん
やっぱあのスンちゃんの一撃で泣きましたか・・・。
僕も友人も号泣でした。「闘魂込めて」も鼻水ダラダラでしたよ。w
それにしても、大抽選会に二人とも当選ってのはすごいですね~。
こんなドラマチックゲームのアフターゲームツアーは羨まし過ぎです。

>通りすがりさん
ご指摘ありがとうございます。
修正済みです。
[ 2007/09/24 02:08 ] [ 編集 ]

前日4三振だった李が8回裏1アウト満塁から逆転となる走者一掃の3塁打を放ちチームを勝利に導きました。小笠原が敬遠されたあとの打席でしたから4番のプライドを傷つけられ余計に集中力が増した打席であったと思いますが、外角よりの落ちの良くなかったフォークボールであったから打てたというのもあったと思います。ストレートであれば詰まらされていたでしょうし、同じフォークでも内角か、外でももっと落ちていれば空振りをしていたでしょう。ここまでの今年1年の李の打撃はインコースを攻められ、インコースを意識するあまりに打席で体重がかかと寄りにかかってしまい外角のボールに対応できないという状態が続いています。そのわりに内角も詰まらされるという状態ですから、今季の成績が良くないのも仕方ありません。この場面で小笠原を敬遠して逆転となる走者を出してでも李と勝負に行った横浜バッテリーの選択は、そんな李の状態を考えれば間違いではなかったと思います。いずれにしても巨人にとってこのゲームを取ったことは非常に大きいのですが、さらに連勝を続けるためにも4番李の打撃が大きなポイントになってくると思います。ただこのゲームで逆転タイムリーを打ったから急に良くなるということはないのではないでしょうか。昨年のような右足の踏み込みがなく、右足を引いたままでスイングをしている状態が改善されなければ劇的に良くなるということは考えられません。インコースを怖がらずにベース寄りに思い切って踏み込むことができるかが李の復活のカギを握っています。
[ 2007/09/24 16:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orange7soul.blog98.fc2.com/tb.php/174-6b8b2381






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。