スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

衝撃的ゲーム 

今季の衝撃的ゲームの一つ。

4月20日甲子園球場での対阪神戦。

タカヒロの三塁打とナント!先発・内海のタイムリーで先制したジャイアンツは投打で活躍の内海が6回まで阪神打線を無失点。7回ついに濱中にタイムリーを許して同点に。
そしてジャイアンツにとっては今季初の延長戦。先発内海は9回を投げて3安打1失点という見事な内容。
この頃は、絶対的守護神・上原が抑えにいなかった時期。かわりに林、会田といった若き中継ぎ陣がGのマウンドを守っていました。10回~11回をこの二人で凌ぎ、12回にジャイアンツ打線が阪神・江草のエラーやカトケンの犠飛、小坂のタイムリーなどで一気に3点をもぎ取ります。
ジャイアンツファンの誰もが9割方このゲームの勝利を信じたことでしょう。
12回裏はもちろん「抑え・豊田」。ジャイアンツとしては理想的に繋いだバトン。
でも、昨年の楽天との交流戦でフェルナンデスにサヨナラ弾を食らって以来、ジャイアンツファンには「半信半疑」や「不信感」というものが付きまとっていました。

しかし今日のゲームは3点差。1、2点獲られたって・・・。と楽観的な気持ちで観ていたのが間違いでした。キレで勝負の豊田の直球はバッティングセンターのそれでした。
藤本、林にヒット。鳥谷に左中間タイムリー2塁打。一気に1点差に詰め寄られ、続く赤星にライト前。ついに同点、あっという間に消えたこの日の勝利。そしてシーツを打ち取って、アニキにセンター前、今岡敬遠で満塁策。最後は代打に狩野サヨナラタイムリー。
天国から地獄に突き落とされた、12回の攻防。
まさかの結末。
豊田のデキがこの日の全てでした。


G党は激しくこの日の豊田をバッシングしました。それもある意味当然でしょう。
あの程度のボールしか投げられなかった豊田が一番後ろでジャイアンツ投手陣の防波堤をやらなきゃいけないのですから。あの日の豊田は素人目にも酷かった。
しかしながら、西武時代から大好きだった豊田。もの凄く複雑な気分だったのも確かです。
4月20日の記事でもその心境は表れていますが、この日を境に応援していた豊田を諦めざるを得ない決断に強いられたのも事実でした。
そしてこの日のゲームから「対阪神戦」の壮絶な戦いが始まったような気がします。しかもその壮絶な戦い、もつれたゲームにはことごとく敗戦する苦渋を舐めさせられた感じがします。
4月21日のゲームは豊田は登板させずに阪神に勝利したものの、この日の記事でもまだ豊田を諦めきれない僕がいるのに今となっては笑えました。

結果的には上原が抑えに回って、豊田は中継ぎとなって復活したのですが、あの頃の豊田バッシングはホント豊田ファンとしては辛かったなぁ~。でもあの頃のジャイアンツファンの気持ちもわからないでもなかったし・・・。
もの凄く複雑な気分でした。

来季は上原は先発に戻るでしょう。個人的にも絶対に先発に戻ってもらいたい。
豊田は年齢的にもかなり厳しい状況になってきたけど今年見せた針の穴をも通す制球力を武器にキレのあるストレートとフォークがあれば今年のポジション(中継ぎ)なら十分来季も活躍できるはず。
もちろん今季もまだCSもあるしそれに勝ち抜いて日本シリーズでも欠かせない存在であることは、シーズン終盤でも痛いほど首脳陣、ジャイアンツナインそしてファンは痛感したはず。

早く戻って来い、豊田清!!

人気blogランキングへ

スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/10/05 22:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orange7soul.blog98.fc2.com/tb.php/190-8f4e54d0






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。