スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

同じ匂いが・・・ 

悲壮感。焦燥感。
この言葉に尽きるソフトバンクのCSの戦いぶり。と、言うより今シーズンの戦い。
13年目の長期政権となった今年の「王ホークス」
昨年のシーズン途中に病魔に倒れた王監督、その王監督を必ず胴上げすると誓って迎えた今季のソフトバンクは多彩な先発投手陣と強力な打撃陣がなかなか噛み合わず思う様に白星を積み上げられませんでした。
病魔との闘いで軽くなったハズの王監督を宙に浮かせることが出来なかったソフトバンクはシーズン通して悲壮感に苛まれていたのかもしれません。
あまりゲームを観る機会はありませんがここ数年のソフトバンクはなんかチームの雰囲気が重苦しく感じます。なんかちょっとジャイアンツに似た匂いを感じます。そして、セ・リーグの球団の空気感があるような気がします。
「勝たなきゃ・・・。」という重圧が選手個々の意識の中に強くありすぎて十分な力が出せずにいるように僕の目には映ります。
ジャパンの四番と体調が万全ならば間違いなく球界No.1右腕、沢村賞投手・斉藤和巳を擁するチームはもっと堂々たるゲームをしていてもおかしくないはずです。
我らがジャイアンツのように度重なる過剰なまでの戦力補強と余剰人員で若手の台頭に蓋をしているわけでもなく、投打のバランスの取れた良いチームであると僕の目には映るんですが・・・。
でも不思議とここ数年優勝から遠ざかっています。
目立った若手の台頭もなく、何か見えないもので縛られ、もがいているソフトバンクの選手、首脳陣って感じがします。

そして昨日、正式に来季の指揮も王監督で戦うということでした。これで14年目の長期政権です。孫オーナー曰くこの先ずぅ~っと王監督でという懐の深さですが・・・。
さらには大型補強の確約もして来季は必勝体制で迎えるようです。
まぁ、他球団のことなんで大きなお世話なのかもしれませんけど、ホント讀賣化が進んでいるように思えてなりません。
ジャイアンツも国民的ヒーロー「長嶋茂雄」が監督に就任してからはありとあらゆる手を尽くして戦力補強を行い、何とか「長嶋茂雄」を胴上げしようと躍起になりました。その結果偏った戦力補強でバランスの悪くなった戦力と世間からの批判。さらには愛想を付かしたファン離れ。そして今の今までその球団運営は変わることなく続いてきました。
ソフトバンクにはそんなことはないとは思いますが、ただ単に戦力の補強や国民的英雄の継続的指揮の決定よりも、その前に今季までのチーム状態、首脳陣の指揮・管理・監督、そして球団全体の現状把握を分析をしっかりとすべきではないかと思います。フロント、首脳陣、さらには王監督自身、それぞれが球団の現状把握・改善案などを考えそして持ち寄って意思統一をキッチリしたほうが良いのでは?と考えます。それによってV逸の責任の所在やV逸の原因なども見えてくるだろうし・・・。

世間の風潮が「O.N」に対して懐大きく寛大な心で見守っている感じは否めないのですが、それによって球団自体に修正が出来ない位の大きな「狂い」が生じてしまっては遅いのです。
くれぐれも讀賣ジャイアンツのようなことにならないことを切に願いたいところです。
偉大な記録、日本プロ野球界の貢献も功績も群を抜いて立派な実績のある「O.N」もお互い大きな病気を乗り越えて今もこの二人の行動や発言に注目が集まります。あまりにも存在感のあるこの二人には球団側も一ファンになってしまっているところもあるのではないでしょうか・・・?


っていうか、これはジャイアンツに言ってるようなもんなんですがね・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★

がっぷり四つに組まれた両チームの戦い。
手堅い攻めでキッチリ先取点を奪った日本ハム。
バントで遅れない、あと一本が出ない、ロッテ打線は「ならば長打で」とばかりに一気に本塁打で逆転。
なんかそこまでのロッテはジャイアンツのようなゲームをしてました。
そして、9回には昨日のゲームのお返しとばかりに見事な集中打で追加点。
コレでパ・リーグのクライマックスシリーズはついに第5戦・最終戦までもつれ込みました。

夢の対決となる第5戦。
ダルビッシュvs成瀬

ボビーマジックは最高の舞台を想定しての投手起用で今日のゲームを獲りました。
面白くなってきましたね。

さぁ!パ・リーグが日本シリーズ出場チームが決まる日に我がジャイアンツはCS初戦を迎えるわけですが、なんとか頑張って欲しいですね~。

【今日の一枚】


スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/10/16 23:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

こんにちは、オレタマさん。  とても読んでいて納得させられました。  ここ数年で、日ハムやロッテはもちろん、楽天も若手を起用し盛り上がりを見せている傍ら、ソフトバンクは重苦しく感じていました。   バリー・ボンズを獲得する話も出ているようですが、偉大な王監督の為に、来年は結果を出すことができるのでしょうか。 でも、それが重荷になっていることは確かだと思います。
[ 2007/10/17 14:54 ] [ 編集 ]

ご無沙汰です。いよいよ明日からDと決戦ですね。今からドキドキしてます。(笑)贅沢な話ですが、3連勝で一気に終わらないものですかね。Gの試合が見れるのはとても楽しみなのですが、長引けば長引くほど【プレッシャー】がかかるもので...(試合は選手がしてるのに...アホ)しかしもう一回【強いジャイアンツ】を見れると思って精一杯応援します!オレタマさんは、ドームに行かれるのですか?行くのであれば私の分も応援よろしくです!頑張れ!ジャイアンツ!
[ 2007/10/17 15:00 ] [ 編集 ]

>kuni28さん
ジャイアンツ以外の事であまりこのような内容の記事は書きたくなかったのですが、ある意味ジャイアンツにも同じことが言えると思って・・・。
重苦しさは選手達が王貞治を尊敬してやまないんだと思うんです。「今あるのは監督のおかげ」みたいな恩義を強く感じているところもあるんでしょうね。
だからこそ監督を胴上げしたいという過剰なほどに強く思うようになってしまった・・・。
でも、その思いが個々の選手のパフォーマンスを小さくしてしまっているのかもしれません。
「優勝」より「勝利」「勝利」よりも力の「発揮」を心がけて欲しいものです。
一流の中の一流の集団なだけにその一流のプレーを見れないのは残念に思います。
でもそれが一番難しいのかもしれませんが・・・。


>りゅうぞうさん
ドーム行きますよ。
第1戦目はB指定席ですが、今季最後の観戦になるであろう第2戦目は今季最初で最後のライトスタンドで観戦します。
なかなか一筋縄ではいかない中日ですがシーズン後半戦に見せた対中日戦のような戦いを見せて欲しいですね。未だに、「日本一」に向けて遠回り的な要素にしか思えないクライマックスシリーズですが、ジャイアンツのゲームをたくさん観戦できることはある意味嬉しいことなので精一杯応援してきます。
[ 2007/10/18 00:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orange7soul.blog98.fc2.com/tb.php/199-e2677ce9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。