スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

器 

西岡が1塁塁上であんなにオタオタしちゃうんだから相当感覚がつかめない牽制なんでしょうね。日本ではやっぱりボークなのかな?
慎之助は状態良さそうですね。テレ朝のウルトラスーパースローで慎之助のスイングを見ると慎之助のスイングはホント素晴らしい。ゴルフのスイングのようなにしっかり「頭」がインパクトの瞬間まで残っていてボールを良く見る姿が素人目にも良く判るスイングです。少年野球のちびっ子達には良いお手本になるスイングだと思います。(ちなみに清水のスイングもお勧めです。)
あとは、長谷部って初めて見ましたが、噂通りの大器ですね。
ブルペンに岩瀬と上原・・・。アラン・プロストとアイルトン・セナがいたかつてのマクラーレンみたいな豪華なピットでした。

今年の9月、優勝争いの大事な時期、本拠地ドームで阪神に3連敗、神宮でフラフラになりながらも1勝しただけで情けないゲームで負け越し、甲子園でも阪神に負け越し。
崖っぷちには何度も立たされました。そして僕自身も何度も絶望の淵まで立たされて、G党ブロガーのシュウさんにも泣きついたこともありました。
でも、その絶望の淵から救ってくれたのが野間口でした。
特に9月26日の中日戦はエース・ヒサノリから初回に4点を先制されて涙すら出てこないくらいショックを受けていた矢先に2番手に登場した野間口は見事なピッチング。スンちゃんの追撃弾、脇谷の決勝弾、ヨシノブのダメ押し弾で貴重な勝利を収めたゲーム。タツノリも優勝後に「9/19対阪神戦と9/26の中日戦この2試合はどうしても勝たないといけない試合」と言っていましたが、僕にとってもこの9月26日のゲームは年間を通じて数試合あるうちのベストゲームの一つです。
あの切羽詰った状況の中、4点の先制をされてそれを跳ね返したジャイアンツ。この日の生観戦は間違いなくドームにいたジャイアンツファンが一つになって「声援」を送ったゲームでした。
この日投げた野間口は9月に3勝を上げました。防御率0.41と抜群の救世主を果たしました。
9月報知G賞野間口表彰式
だからこの表彰は当然でしょうね。
来季は、この野間口もガッチリとローテーションに加わってくれたら久々に聞く「投手王国」も夢じゃないぞ。心なしか今季は急速も上がったように思える野間口にはもっと大きな器になってもらって二桁勝利を期待します。

ちょっとイヤラシイ話ですが、各球団契約更改が行なわれていますね。ジャイアンツはまだのようですが。今季の個人的に注目している契約更改があります。その選手は中日の中村紀洋。600万円の育成選手から始まった今季は、実力通りと言ったらそれまでですが、福留の穴をも埋める活躍(130試合で打率2割9分3厘、20本塁打79打点)ほぼ二岡さんと同じくらいですね。日本シリーズではMVPを獲得するまでの大活躍はどん底から這い上がったノリには心の底から拍手を送りたい。そんな、ノリにいかほど~?の評価をするのかがとても注目です。中日さん。が試されますよ。逆にノリの対応にも注目です。こっちもが試される・・・。(ゴネたら面白いよね。w)

【今日の一枚】
スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/11/22 21:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orange7soul.blog98.fc2.com/tb.php/242-a35027b7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。