スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

父に捧ぐ10勝目 

茨城県ひたちなか市の空は今日の対戦相手のチームカラー「スカイブルー」。スッキリと晴れ渡りました。

とても綺麗な球場です。
海が近くにあってセンターからホーム方向に心地よい海風が吹き抜ける「ひたちなか市民球場」
お客さんもたくさん入っています。地方開催なだけあって、麦藁帽子のおじいちゃんとかも多かったです。
ジャイアンツの公式戦は茨城県では51年ぶりだそうです。



試合は5回までにヒサノリは3度の満塁のピンチを迎えるものの7回1失点。
特に満塁でカブレラを迎える場面が2度もありました。
見事にインサイドを付いて打ち取ったヒサノリは真骨頂のランナーを背負ってからの投球がとても粘り強く、点を与えない投球をしてくれました。
両リーグ通じて10勝一番乗り。
6月中の10勝はジャイアンツでは1990年の斎藤雅樹以来17年ぶりの快挙となります。この状況ちょっとヤバイくらいの出来過ぎです。
今日の勝利でジャイアンツは貯金「17」。その内ヒサノリだけで貯金を半分以上の「9」を稼いでくれています。まさしくエースです。点を取られない投球。負けない投球。守っている野手やチームに攻撃のリズムを戦うリズムを崩させない投球をしてくれています。

そして今日はヒサノリにとって特別な登板。
21日他界されたお父さんのためにつかむ白星。
天(10)までとどけ!!
一生忘れられない10勝目になったでしょう。
亡くなられたお父さんに捧げる「10勝目」
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 
 



今日は両軍入り乱れるアツイシーンもありました。
キムタクの怒り方はハンパじゃなかったです。
観客もエキサイトしてました。
「退場だっぺよ~!」
「危険球だっぺよ!!」
ジェイソン・ジョンソンは正にその名の通りジェイソンでした。((( ;゚Д゚)))ガクブル


ゲームの合間に行われるグランド整備。
マウンドの後ろにスプリンクラーで水撒きをしますが不慣れなせいか水溜りを作ってしまい、観客も失笑。


ヒーローインタビューの時にこみ上げてくる涙。
年を取るともらい泣きしやすくなります。僕も友人と一緒に号泣です。
でもホントに泣くのは10月だ!ヒサノリ!

今日のジャビットⅤ(〃 ̄ー ̄〃) Ⅴ(縮小Ver.)


茨城の空はいつの間にかスカイブルーから今日の勝利を祝福するかのようにジャイアンツカラーに染まっていました。

筑波山をオレンジに染めています。
昨年は大きな山(交流戦)に沈んだジャイアンツ。
今年は大きな山の前でも見事に輝き続けています。
この輝き、秋まで続きますように・・・。

日焼けして顔も腕もヒリヒリです。(ノ∀`)
--------------------------------------------------
巨人5-2西武

勝:[ 巨人 ] 高橋尚(10勝1敗0S)
負:[ 西武 ] ジョンソン(0勝2敗0S)

[ 西武 ] ジョンソン、山崎、星野、正津 - 細川
[ 巨人 ] 高橋尚、豊田、上原 - 阿部

人気blogランキングへ


戻ってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
3試合ぶりスタメン復帰です。ちょっと早すぎると思うんですが・・・
でも良かった・・・。
原監督的には楽に打たせたいという意図から8番に二岡を据えたのですが、何でしょうこの男のもっている巡り会わせというのは。
スタメン復帰、最初の打席に一死満塁のビッグチャンスに神は二岡に打席を回しました。
もう、そりゃ胸が張り裂けそうでしたよ。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
結果は初球を打って二岡らしい右打ちで犠牲フライ。
二打席目、神はまた試練をお与えになります。
3回、二死満塁。
ぜんぜん楽に打たせてくれないじゃんよ!
両軍入り乱れての混乱後の初球、見事に三遊間タイムリー!
この初球内はとても価値があるバッティングです。
絶不調でも何とか仕事をしました。

今日だけでは状態を判断しかねますが、勝利には大きく貢献してくれました。
この結果を自身に繋げて欲しいです。
内田打撃コーチ曰く、「戻ってくるよ、力のないヤツじゃないんだから。」
早く戻って来い!!
スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/06/23 23:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

お疲れ様でした。 私も途中からG+で見ました。   ヒサノリのヒーローインタビューには感動して、仕事しながら泣いてしまいましたv-409    二岡という男は何かを持っています!!  必ず見せ場に回ってきて、観客のハートを“グイッ”と鷲摑みします。  目を離せない場面には、必ずと言ってイイほど回ってくるのは、“スターの証”なのでは! 息子もショートを守っています。  いつもお手本にして見ていますよ。   『戻ってくるよ、力の無い奴じゃないんだから』―。 うんうん・・・。 皆が待っています、二岡選手を!  (ちなみに、二岡選手の奥様はガンプラ作りが趣味らしいですが、息子もガンダムオタクですv-355)  
[ 2007/06/24 17:24 ] [ 編集 ]

不思議と訪れるチャンスでの打席。
彼の背負っているものはデカ過ぎます。
でも、がんばって欲しいです。
姉さん女房の千春夫人がガンプラが趣味とは知りませんでした。
成蹊大学工学部卒ということもあってなのかな?w
[ 2007/06/25 02:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orange7soul.blog98.fc2.com/tb.php/85-3ac4bd70






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。