スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ポチッとな。↓

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

首位で折り返し 

昨日の試合で144試合のちょうど半分の72試合を消化。
我が愛するジャイアンツは44勝28敗(0分)でセ・リーグ堂々の1位。追走する2位・中日との差は5ゲーム。
ジャイアンツはシーズン中間点で首位に位置するのは28度目だそうです、過去27回のうち優勝を飾ったのは26回、さらには2位に5ゲーム差以上をつけている場合は15回あって全て優勝しているそうです。
ちょっと期の早い話になってしまいました。昨年も4月の好調さに「巨人V確率88%」なんていう原監督の背番号を使って、盛り上がっていましたが結果は史上希に見る大失速で4位。
さて今年はどんなドラマが待っているんでしょうね~。
今年からセ・リーグもクライマックスシリーズなる、客寄せシステムが導入されて「リーグ優勝」がボヤケ気味になってしまいますがとにかく今年は優勝したい。
選手達のビールかけを見たい。ヒサノリのお尻を見たい・・・。


【スンちゃん】
昨年のこの男の活躍は目覚しいものがあったのは周知の事実。
今はスランプノ沼にハマッてもがき苦しんでいますが、交流戦の後半辺りから昨年の絶好調時の打法に戻しています。「すり足」でタイミングを取っていたスタイルから「一本足」。
昨年、8月に東京ドームで好投する井川から放った左中間スタンド中段へ突き刺さる通算400号。そして同じ試合でのバックスクリーンに叩き込んだサヨナラホームラン。ライトスタンドで観戦していた僕はあらためて「この男スゴ過ぎる・・・!」と思いました。あの時も右足を高く上げてタイミングを取る「一本足打法」言わば、ホームランアーチストの象徴とも言える打法です。
スンちゃんはホームランにこだわって欲しい。コツコツ当てて三遊間のヒットより思いっきりバットを振って欲しい。やっぱりこの男のバットなくして「奪回」はない。


【矢野謙次】
やっぱりこの男は「計り知れない」。
スタメンで出場した昨日の試合は全くいいところなしの4タコ。死球で出塁したものの牽制死。牽制でのアウトって結構久々に見た気がします。
そして、チャンスでのカウント・ノースリーから打って出ての凡打。
最近では矢野の代打での成功率をもとに「集中力」の高さがクローズアップされています。しかしながら、どうもスタメンで起用されるとその集中力にも陰りが見えてしまうのも確か。現場で見ると良く判るのですが牽制って、ショート、セカンドの動きがものすごく激しくなります。頻繁に投手・捕手へのサインがショートから出て走者を牽制します。走者はより一層の警戒心・集中力が必要となります。小笠原なんかは塁上で野手の守備位置を指差し確認しています。
ノースリーからのヒッティングも多分昨日はベンチからの「ストライクなら打て」というサインだったかもしれません。ノースリーからのヒッティングは通常のカウントよりも集中力が必要とされます。特に相手投手は歩かせたくないので甘いところにストライクを取ってくるので凡退すると物凄くもったいなさだけが残ります。
矢野は絶対「出来る子」なので1試合くらいの失敗で判断せず、起用し続けて欲しいです。「集中力」も言わば「試合勘」なわけでそれは試合中に培われていくもの。だから、この「劇的男」を何とかもっと輝かして欲しい。


【ヨシノブ】
今年の原政権の「最高の産物」。
ここまで
打率.320(リーグ5位)
本塁打 18本(リーグ3位)
打点 47(リーグ8位)
出塁率 .415(リーグ2位)
得点圏打率 .434(リーグ1位)
今年のジャイアンツのリードオフマンは見事な成績を収めています、トップバッターでの重要な役割である出塁率はヤクルト・青木次いで2位。早打ちで知られるヨシノブですが四死球も45を選んでいます。一番打者になってスケールが小さくなってしまったと言うわけではなくむしろバージョンアップした感じです。盗塁は1個だけですが長打率が.590でリーグ4位、盗塁しなくても一振りで得点圏に進んでしまう打力があります。時にはチャンスメイク、時には得点源の中心となって「奪回」に向けてウルフの凶暴ぶりはより一層激しさを増しています。

人気blogランキングへ

スポンサーサイト

↓ ポチッとな。↓

[ 2007/07/02 23:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orange7soul.blog98.fc2.com/tb.php/94-fe0e84cc






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。